Swiss Confederation

スイス連邦を知る

国名の由来

スイス連邦の国名「スイス」は、複雑な歴史的背景を持つ興味深い名前です。
一般的に、「スイス」という国名は、13世紀にスイス高原に居住していたヘルウェティイ人という部族に由来すると考えられています。
15世紀頃になると、「スイス」という名称は、現在のスイス連邦の核となる地域を指すようになりました。この名称は、シュヴィーツ (Schwyz) という地名に由来すると考えられています。シュヴィーツは、1291年に神聖ローマ帝国から独立を宣言した3つの州の1つであり、その後のスイス連邦の結成に重要な役割を果たしました。

スイス

国旗の由来

スイス連邦の国旗は、白地に赤い十字架が描かれたシンプルなデザインで、世界で最も有名な国旗の一つです。このデザインの由来は、13世紀末にまで遡ります。
当時、スイスは神聖ローマ帝国から独立を目指して戦っていました。1291年、シュヴィーツ、ウンターヴァルデン、ウーリという3つの州が同盟を結び、神聖ローマ帝国軍との戦いで勝利しました。この戦いで使用された旗が、現在のスイス国旗の原型となったのです。

  • 首都(Capital)
    ベルン(Berne)
  • 言語(Languages)
    ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語
  • 宗教(Religion)
    カトリック、プロテスタント、イスラム教
  • 通貨(Currency)
    スイス・フラン(Swiss Franc)
  • 大陸(Continent)
    ヨーロッパ大陸(Europe)
  • 面積(Area)
    41,290.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 41

日付と時刻(Date and Time)

チューリッヒ(Zurich)
2024-07-24 18:06:38

世界遺産一覧(Heritage)

  • ベルン旧市街
  • ザンクト・ガレンの修道院
  • ミュスタイルのベネディクト会聖ヨハネ修道院
  • ベリンツォーナ旧市街にある3つの城、要塞及び城壁
  • スイス・アルプス ユングフラウ‐アレッチュ
  • スイスのサルドーナ地殻変動地帯
  • ラヴォー地区の葡萄畑
  • ラ・ショー‐ド‐フォン/ル・ロクル、時計製造の町