Saint Barthélemy

サン・バルテルミー島を知る

国名の由来

サン・バルテルミー島の国名「Saint Barthélemy」は、フランス語であり、その由来はキリスト教の聖人に関連しています。島の名前は、キリスト教の聖人である聖バルテルミー(Saint Bartholomew)に由来しています。聖バルテルミーは、キリスト教の伝統において、12使徒の一人とされ、その名前は多くのキリスト教徒の間で敬われています。
スペインの探検家であるクリストファー・コロンブスがカリブ海を航海した際、1493年8月24日の聖バルテルミーの日に、この島を発見したことが、島の名前の由来とされています。その後、フランスがこの島を植民地化し、フランス語の名前である「Saint Barthélemy」と呼ばれるようになりました。
サン・バルテルミー島は、キリスト教の聖人に因んで名付けられたことで、その由来には宗教的な意味合いが含まれています。

サン・バルテルミー島

国旗の由来

サン・バルテルミー島の国旗は、フランスの国旗と同様のデザインを採用しています。これは、サン・バルテルミーがフランスの海外領土であることを示すものです。具体的には、国旗は三色旗であり、垂直に等幅の3本のストライプが赤、白、赤の順番で並んでいます。
赤、白、赤の三色は、フランスの国旗であるトリコロールから派生しています。赤はフランスの革命と自由を象徴し、白は平和と誠実を表し、赤はフランス革命時代の勝利と、フランスの王家の色を象徴します。
サン・バルテルミー島の国旗は、フランスの海外領土であること、そしてフ

  • 首都(Capital)
    グスタビア(Gustavia)
  • 言語(Languages)
    フランス語
  • 宗教(Religion)
    キリスト教
  • 通貨(Currency)
    ユーロ(Euro)
  • 大陸(Continent)
    北アメリカ大陸(North America)
  • 面積(Area)
    21.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 590

日付と時刻(Date and Time)

サン・バルテルミー島(St. Barthelemy)
2024-07-24 12:11:00