Republic of the Congo

コンゴ共和国を知る

国名の由来

コンゴ共和国の国名の由来は、この国がコンゴ川流域に位置していることにあります。コンゴ共和国は、アフリカ大陸の中央部に位置し、コンゴ川やその支流が国土を貫いています。
「共和国」という部分は、国の政治的体制を示しています。コンゴ共和国は共和制を採用しており、国家の元首は大統領です。
この国名は、コンゴ共和国がフランスから独立した際に正式に採用されました。1960年にフランスから独立した後、この名前が国名として確立されました。

コンゴ共和国

国旗の由来

コンゴ共和国の国旗は、緑地に左上に黄色の縦帯とその中央に赤い五芒星が配置されています。
この国旗のデザインは、コンゴ共和国が1960年にフランスから独立した際に採用されました。各色や要素は以下のような意味を持っています:
- 緑:国の自然環境や豊かな自然資源を象徴しています。
- 黄色の縦帯:この色は国の富や未来の繁栄を表しています。
- 赤い五芒星:この星は、国の統一と団結、また独立の意志を象徴しています。
コンゴ共和国の国旗のデザインは、国の独立、自然の豊かさ、そして国民の統一と団結を表現し

  • 首都(Capital)
    ブラザビル(Brazzaville)
  • 言語(Languages)
    フランス語(公用語)、リンガラ語、キトゥバ語
  • 宗教(Religion)
    キリスト教、イスラム教
  • 通貨(Currency)
    CFAフラン(CFA Franc BEAC)
  • 大陸(Continent)
    アフリカ大陸(Africa)
  • 面積(Area)
    342,000.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 242

日付と時刻(Date and Time)

ブラザヴィル(Brazzaville)
2024-04-15 00:17:46