Republic of Cote d'Ivoire

コートジボワール共和国を知る

国名の由来

コートジボワール共和国(Côte d'Ivoire)という国名の由来は、フランス語で「象牙海岸」を意味します。この名前は、かつてこの地域で象牙が豊富に産出され、ヨーロッパの商人たちが象牙を求めて交易を行っていたことに由来します。
15世紀頃、ヨーロッパの探検家がこの地域に到達した際、海岸沿いに象牙の交易所が数多く存在していたことから、「象牙海岸」と名付けました。その後、この名称はフランス植民地時代にも引き継がれ、1960年に独立した際にも国名として採用されました。

コートジボワール

国旗の由来

コートジボワールの国旗は、縦三色旗で、左からオレンジ、白、緑の順に横並びに3つの帯が描かれています。
それぞれの帯の色には、以下のような意味が込められています。
オレンジ: 北部のサバンナ地帯を表し、大地の豊饒と生命力、そして建国に向かう若人の情熱を象徴しています。
白: 平和と北部と南部の統一を表しています。
緑: 南部の森林地帯を表し、希望と繁栄を象徴しています。
この国旗は、1959年12月3日に制定されました。 当時、コートジボワールはフランスから独立したばかりであり、この国旗は、新国家

  • 首都(Capital)
    ヤムスクロ(Yamoussoukro)
  • 言語(Languages)
    フランス語(公用語)、各民族語
  • 宗教(Religion)
    イスラム教、キリスト教、伝統宗教、その他の宗教
  • 通貨(Currency)
    CFAフランBCEAO(CFA Franc BCEAO)
  • 大陸(Continent)
    アフリカ大陸(Africa)
  • 面積(Area)
    322,460.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 225

日付と時刻(Date and Time)

アビジャン(Abidjan)
2024-04-23 20:15:42

世界遺産一覧(Heritage)

  • グラン・バッサム歴史都市
  • タイ国立公園
  • コモエ国立公園
  • ニンバ山厳正自然保護区