Democratic Republic of the Congo

コンゴ民主共和国を知る

国名の由来

コンゴ民主共和国の国名の由来は、地理的な特徴と政治的な経緯によります。
「コンゴ」の語源は、現在のコンゴ民主共和国とコンゴ共和国(旧ザイール)の両方にまたがるコンゴ川から来ています。この川は、アフリカ大陸の中央を南北に流れ、地域の重要な水路として機能しています。
「民主共和国」の部分は、国の政治体制を示しています。この名称は、1960年にフランス領コンゴとして独立した後、ザイールとして知られるようになった時期を経て、後に再び「コンゴ民主共和国」と改名された際に採用されました。この名称は、国の政治体制が民主的な共和制を採用していることを示しています。
総じて、コンゴ民主共和国という国名は、その地理的な位置と政治的な組織に関連したものであり、国の歴史的・政治的な背景を反映しています。

コンゴ民主共和国

国旗の由来

コンゴ民主共和国の国旗は、青地に赤い輪郭の星が中央に配置されています。その上下には、黄色の帯が横断しています。2005年、現在の国旗に変更され、青は平和を、赤は国家のために殉じた者の血を、黄は国の富(豊かな鉱物資源)を、星は国家の輝かしい未来を表している。

  • 首都(Capital)
    キンシャサ(Kinshasa)
  • 言語(Languages)
    フランス語(公用語)、スワヒリ語、リンガラ語、チルバ語、キコンゴ語等
  • 宗教(Religion)
    キリスト教、イスラム教、その他伝統宗教
  • 通貨(Currency)
    コンゴ・フラン(Congolese Franc)
  • 大陸(Continent)
    アフリカ大陸(Africa)
  • 面積(Area)
    2,345,410.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 243

日付と時刻(Date and Time)

キンシャサ(Kinshasa)
2024-04-15 01:05:07
ルブンバシ(Lubumbashi)
2024-04-15 02:05:07

世界遺産一覧(Heritage)

  • ヴィルンガ国立公園
  • ガランバ国立公園
  • カフジ-ビエガ国立公園
  • サロンガ国立公園
  • オカピ野生生物保護区