Cook Islands

クック諸島を知る

国名の由来

クック諸島は、南太平洋に位置する15の島々からなる自治領です。その国名は、18世紀にイギリスの探検家ジェームズ・クックにちなんで名付けられました。
1773年、ジェームズ・クックは第2次太平洋探検航海中に、この地域に初めて上陸しました。当時、この地域はマオリ人によって「ラロトンガ・ヌイ」や「マンガイア」などの名前で呼ばれていましたが、クックはこれらの島々をまとめて「クック諸島」と名付けました。

クック諸島

国旗の由来

クック諸島の国旗は、青地に15個の白い星が円を描くように配置された美しいデザインです。この国旗は、1965年にクック諸島がニュージーランドとの自由連合関係を樹立した際に制定されました。
国旗のデザインには、以下のような意味が込められています。
青地: 広大な太平洋と、クック諸島の人々の平和と調和を表しています。
15個の白い星: クック諸島を構成する15の島々を表しています。星は円を描くように配置されており、島の団結と一体感を表しています。
白い星の色: 純潔、希望、そしてクック諸島の人々の明るい

  • 首都(Capital)
    アバルア(Avarua)
  • 言語(Languages)
    クック諸島マオリ語、英語(共に公用語)
  • 宗教(Religion)
    キリスト教
  • 通貨(Currency)
    ニュージーランド・ドル(New Zealand Dollar)
  • 大陸(Continent)
    オーストラリア大陸(Oceania)
  • 面積(Area)
    240.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 682

日付と時刻(Date and Time)

ラロトンガ島(Rarotonga)
2024-04-23 10:26:30