Territory of Cocos (Keeling) Islands

ココス(キーリング)諸島地域を知る

国名の由来

ココス(キーリング)諸島の国名の由来は、初めてこの地域を記録した17世紀初頭のイギリスの船長であるウィリアム・キーリング(William Keeling)にちなんで名付けられました。キーリングは1609年にこの諸島に到達し、その後、この地域は彼の名前を冠して「キーリング諸島」と呼ばれるようになりました。後に、ココスという名前が一般的に使われるようになりましたが、国名の由来はその名前に由来しています。

ココス(キーリング)諸島

国旗の由来

ココス諸島(キーリング諸島)はインド洋に浮かぶオーストラリア領の島々で、大小27の島で構成されます。有人島は政庁が置かれるウェスト島と、最大の人口を持つホーム島の2つのみで、特に最北部に位置するノース・キーリング島という無人島は国立公園に指定されるなど、手つかずの自然を残す努力が続けられています。

  • 首都(Capital)
    ウェスト島(West Island)
  • 言語(Languages)
    英語、マレー語など
  • 宗教(Religion)
    イスラム、キリスト教
  • 通貨(Currency)
    オーストラリア・ドル(Australian Dollar)
  • 大陸(Continent)
    アジア大陸(Asia)
  • 面積(Area)
    14.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 61 8 9162

日付と時刻(Date and Time)

ココス(Cocos)
2024-04-15 05:40:07