Republic of Chile

チリ共和国を知る

国名の由来

チリ共和国の国名「Chile」の由来は、先住民の言語であるマプチェ語に由来します。マプチェ語の「chilli」は「冷たい」という意味であり、チリの南部やアンデス山脈の冷涼な気候を指していたとされています。その他の説では、「Chile」は「地形の限界」や「丘陵地帯」という意味を持ち、地理的特徴を表していると考えられています。

チリ

国旗の由来

チリの国旗は、現在使用されているデザインは1817年に採用されたものです。この国旗は、チリの独立戦争の際にデザインされました。
国旗のデザインは、青、白、赤の横縞模様で構成されています。青いストライプは空と太平洋を象徴し、白いストライプは雪を覆ったアンデス山脈を表しています。赤いストライプは、独立戦争で流された血を象徴しています。
国旗の左上には、白い星が配置されています。この星は「独立の星」として知られており、独立戦争の勝利とチリの自立を象徴しています。

  • 首都(Capital)
    サンティアゴ(Santiago)
  • 言語(Languages)
    スペイン語
  • 宗教(Religion)
    カトリック、福音派
  • 通貨(Currency)
    チリ・ペソ(Chilean Peso)
  • 大陸(Continent)
    南アメリカ大陸(South America)
  • 面積(Area)
    756,950.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 56

日付と時刻(Date and Time)

サンティアゴ(Santiago)
2024-07-24 12:35:09
イースター島(Easter)
2024-07-24 10:35:09

世界遺産一覧(Heritage)

  • ラパ・ヌイ国立公園
  • バルパライーソの海港都市の歴史的街並み 
  • チロエの教会群
  • ハンバーストーンとサンタ・ラウラ硝石工場群
  • シーウェル鉱山都市