Central African Republic

中央アフリカ共和国を知る

国名の由来

中央アフリカ共和国の国名の由来は、この国がアフリカ大陸の中央部に位置していることにあります。アフリカ大陸の中央部に位置することから、「中央アフリカ」という名前が付けられました。また、「共和国」の部分は、国の政治的体制を示しています。中央アフリカ共和国は共和制を採用しており、大統領が国家の元首となっています。
この国名は、中央アフリカ共和国がフランスから1960年に独立した際に正式に採用されました。それ以前はフランス領中央アフリカ(French Equatorial Africa)として知られていましたが、独立後は中央アフリカ共和国となりました。

中央アフリカ

国旗の由来

中央アフリカ共和国の国旗は、緑地に縦長の青、白、赤の横帯が入り、左上に黄色い星が配置されています。
この国旗のデザインは、中央アフリカ共和国が1958年にフランスから独立した際に採用されました。各色や要素は以下のような意味を持っています:
緑:国の自然資源や農業の豊かさを象徴しています。
青、白、赤の横帯:これらの色はフランスの国旗から来ており、中央アフリカ共和国がフランスから独立したことを示しています。また、これらの色は自由・平等・友情といった価値観も象徴しています。
黄色い星:この星はアフリカ

  • 首都(Capital)
    バンギ(Bangui)
  • 言語(Languages)
    フランス語(公用語)、サンゴ語(公用語、国語)、部族語
  • 宗教(Religion)
    キリスト教、イスラム教、伝統的宗教
  • 通貨(Currency)
    CFAフラン(CFA Franc BEAC)
  • 大陸(Continent)
    アフリカ大陸(Africa)
  • 面積(Area)
    622,984.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 236

日付と時刻(Date and Time)

バンギ(Bangui)
2024-04-23 21:43:27

世界遺産一覧(Heritage)

  • マノヴォ-グンダ・サン・フローリス国立公園