Republic of Cabo Verde

カーボベルデ共和国を知る

国名の由来

カーボベルデ共和国(ポルトガル語: República de Cabo Verde)は、ポルトガル語で「緑の岬」を意味する「Cabo Verde」に由来します。この名前は、アフリカ大陸の西海岸に位置するカーボベルデ(グリーン岬)にちなんでいます。具体的には、現在のセネガルのダカール近くにある「Cap Vert」(カーボベルデ)が名称の由来です。

カーボベルデ

国旗の由来

ーボベルデ共和国の国旗は、青地に10個の白い星が円を描き、左側に赤と白のストライプが配置されています。青は大西洋と空を表し、10の星は主要な島々を象徴します。赤は努力と犠牲、白は平和と希望を示しています。このデザインは、1992年に国家の独立性と統一を強調するために採用されました。

  • 首都(Capital)
    プライア(Praia)
  • 言語(Languages)
    ポルトガル語(公用語)、クレオール語
  • 宗教(Religion)
    キリスト教(カトリック)
  • 通貨(Currency)
    カーボベルデ・エスクード(Cape Verde Escudo)
  • 大陸(Continent)
    アフリカ大陸(Africa)
  • 面積(Area)
    4,033.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 238

日付と時刻(Date and Time)

カーボベルデ(Cape Verde)
2024-07-24 15:33:38

世界遺産一覧(Heritage)

  • シダーデ・ヴェリヤ、リベイラ・グランデの歴史都市