Republic of Cameroon

カメルーン共和国を知る

国名の由来

カメルーンの国名の由来は諸説ありますが、一般的にはポルトガル語で「カニ(camarão)」に由来するとされています。ポルトガル人がカメルーン沿岸を探検した際に、カニの多い海岸を指して「Rio dos Camarões(カニの川)」と名付けたことが始まりです。その後、この地域が植民地化されるにつれて、地名が国名になったと考えられています。

カメルーン

国旗の由来

カメルーン共和国の国旗は、緑、赤、黄の縦縞から成り、左上には星が配置されています。緑は国の豊かな自然と農業を象徴し、赤は独立闘争と国民の勇気を表しています。黄色は太陽の光と国の繁栄を意味し、星は国の統一と希望を象徴しています。この国旗は1961年に採用され、カメルーンの独立と団結を表現する重要なシンボルとなっています。

  • 首都(Capital)
    ヤウンデ(Yaoundé)
  • 言語(Languages)
    フランス語、英語(共に公用語)、その他各部族語
  • 宗教(Religion)
    カトリック、プロテスタント、イスラム教、その他のキリスト教等
  • 通貨(Currency)
    CFAフラン(CFA Franc BEAC)
  • 大陸(Continent)
    アフリカ大陸(Africa)
  • 面積(Area)
    475,440.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 237

日付と時刻(Date and Time)

ドゥアラ(Douala)
2024-04-23 21:52:34

世界遺産一覧(Heritage)

  • ジャー動物保護区
  • サンガ川流域の3カ国保護地域