Republic of Bulgaria

ブルガリア共和国を知る

国名の由来

ブルガリア共和国の国名「ブルガリア」は、ブルガリア人によって形成された民族国家の名前に由来しています。ブルガリア人は、東スラヴ人の一派で、約1,300年前の7世紀にダナウ川流域に定着し、その地域に国家を形成しました。
「ブルガリア」の語源については諸説ありますが、一般的には、ブルガリア人の一派であるブルガール族(Bulgar)に由来すると考えられています。ブルガール族は中央アジアのステップ地帯から移動し、7世紀初頭にバルカン半島に到達しました。彼らがバルカン半島に定着し、新しい国家を建設したことから、その地域は「ブルガリア」と呼ばれるようになりました。
ブルガリア人は、ブルガリアの国民としての誇りとアイデンティティを持っており、彼らの歴史、文化、言語、および国の名称は、彼らの存在の根幹を形成しています。

ブルガリア

国旗の由来

白は平和と友好、緑は農業と森林、赤は軍隊の勇気と忍耐を表している。19世紀初めのトルコからの独立闘争を支援してくれた同じスラブ民族の帝政ロシアの旗を手本に作られた。ロシア国旗の青の帯を緑に変えた旗で、1878年に国旗となった。第二次世界大戦後、社会主義国となった際、旗の中央に麦と歯車の紋章が加えられたが、民主化された現在は除かれている。

  • 首都(Capital)
    ソフィア(Sofia)
  • 言語(Languages)
    ブルガリア語
  • 宗教(Religion)
    大多数はブルガリア正教、イスラム教徒、少数のカトリック教徒、新教徒等
  • 通貨(Currency)
    レフ(Bulgarian Lev)
  • 大陸(Continent)
    ヨーロッパ大陸(Europe)
  • 面積(Area)
    110,910.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 359

日付と時刻(Date and Time)

ソフィア(Sofia)
2024-04-15 02:31:48

世界遺産一覧(Heritage)

  • ボヤナ教会
  • マダラの騎士像
  • カザンラックのトラキア人の墳墓
  • イヴァノヴォの岩窟教会群
  • リラ修道院
  • 古代都市ネセバル
  • スレバルナ自然保護区
  • ピリン国立公園
  • スヴェシュタリのトラキア人の墳墓