Botswana

ボツワナ共和国を知る

国名の由来

ボツワナ共和国の国名「Botswana(ボツワナ)」は、タウィ語(Tswana)で「多くのトカゲのいる場所」を意味します。この名前は、ボツワナの地理的な特徴に由来しています。国の大部分がカラハリ砂漠に覆われており、この地域では多くのトカゲが生息していることから、この名前が付けられました。ボツワナの公用語の1つであるタウィ語は、国内で最も広く使用されている言語であり、国名もその言語に基づいています。

ボツワナ

国旗の由来

ボツワナ共和国の国旗は、青、白、黒、および緑の縦ストライプと、中央に立つ黒い平行四辺形の中に赤い水平線と、その下に黄色の波線が描かれています。国土の半分がカラハリ砂漠に覆われ水資源が乏しいボツワナにとって、青色は命を支える恵みの雨を象徴している。黒と白のストライプは、国民の大多数を占める黒人と少数派の白人とが協力して平等な社会を建設していこうとの建国の精神を表している。また国章のシマウマの縞を表すとも言われている。

  • 首都(Capital)
    ハボローネ(Gaborone)
  • 言語(Languages)
    英語、ツワナ語(国語)
  • 宗教(Religion)
    キリスト教、伝統宗教
  • 通貨(Currency)
    プラ(Pula)
  • 大陸(Continent)
    アフリカ大陸(Africa)
  • 面積(Area)
    600,370.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 267

日付と時刻(Date and Time)

ハボローネ(Gaborone)
2024-04-15 01:13:22

世界遺産一覧(Heritage)

  • ツォディロ
  • オカバンゴ・デルタ