Bonaire

ボネール島を知る

国名の由来

ボネール島の国名「Bonaire」は、スペイン語で「良い風」を意味します。この名前は、スペインの探検家たちが島を発見した際に、豊かな自然と穏やかな風を指して付けられました。
スペイン人による探検の時代には、カリブ海の島々にスペイン語の名前が付けられることが一般的でした。ボネール島もその例外ではありません。その後、オランダがこの地域を支配するようになり、島の名前はオランダ領アンティル諸島の一部として定着しました。
ボネール島の名前は、島の独特な風景や自然の美しさを表現する素晴らしい選択として、歴史的に重要な意味を持っています。

ボネール島

国旗の由来

オランダ王室に敬意を表してオランダの国旗と同じ赤・白・青のトリコロールを使用し、左上にカリブ海の陽光を表す黄色を配している。 赤い六芒星はボネール島内にある6つの地域の団結を、その六芒星を囲む黒い円は世界中の海に繋がっているコンパスを表している。

  • 首都(Capital)
    クラレンダイク(Kralendijk)
  • 言語(Languages)
    オランダ語、パピアメント語
  • 宗教(Religion)
    カトリック、プロテスタント、ユダヤ教
  • 通貨(Currency)
    USドル(US Dollar)
  • 大陸(Continent)
    北アメリカ大陸(North America)
  • 面積(Area)
    328.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 599

日付と時刻(Date and Time)

クラレンダイク(Kralendijk)
2024-07-24 11:30:19