The Plurinational State of Bolivia

ボリビア多民族国を知る

国名の由来

ボリビア共和国の国名の由来は、南米の解放者シモン・ボリバルにちなんでいます。ボリバルは、19世紀初頭にスペインから南米諸国の独立を導いた重要な指導者であり、南米の独立運動の中心的な人物でした。
ボリバルはベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ボリビアなどの国々の独立に尽力し、彼の名前はこれらの国々のいくつかに付けられました。ボリビアの国名は、彼の功績を称えて名付けられました。
ボリビアは南米の内陸国であり、アンデス山脈に位置しています。ボリバルに因んで名付けられたことで、ボリビアは彼の独立運動への貢献とその後の南米の独立国家としての役割を称えるとともに、彼の理想や価値観を国のアイデンティティに結びつけています。

ボリビア

国旗の由来

中央の紋章には、国を象徴するポトシの丘、コンドル・リャマ・パンの木と太陽、州の数を表す九つの星が描かれている。赤・黄・緑の三色旗で、赤は独立闘争で流された血と犠牲、黄は豊かな鉱物資源、緑は森林資源を象徴している。

  • 首都(Capital)
    スクレ(Sucre)
  • 言語(Languages)
    スペイン語及びケチュア語、アイマラ語を中心に先住民言語36言語
  • 宗教(Religion)
    カトリック教徒
  • 通貨(Currency)
    ボリビアーノ(Boliviano)
  • 大陸(Continent)
    南アメリカ大陸(South America)
  • 面積(Area)
    1,098,580.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 591

日付と時刻(Date and Time)

ラパス(La Paz)
2024-07-24 11:28:11

世界遺産一覧(Heritage)

  • ポトシ市街
  • チキトスのイエズス会伝道施設群
  • 古都スクレ
  • ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地
  • サマイパタの砦
  • ノエル・ケンプ・メルカード国立公園