Kingdom of Bhutan

ブータン王国を知る

国名の由来

ブータン王国の国名「ブータン」は、その言語であるズンカ語で「ドルク・ヤル」(འབྲུག་ཡུལ་)という言葉に由来しています。この言葉は「雷竜の国」を意味し、国の国名はそのまま「雷竜の国」を指します。
「ブータン」という英語名は、おそらくチベット語の「Bod」に由来しています。チベット語の「Bod」は、チベットやその周辺地域を指す言葉であり、その中にブータンも含まれていました。その後、ブータンは独自の政治的・文化的なアイデンティティを形成し、現在の名前である「ブータン」が国名として使用されるようになりました。
ブータンの国名は、国の独自性や豊かな歴史、そして伝統的な信念を反映しています。

ブータン

国旗の由来

中央に大きく描かれている白龍は王家の守護神で、寛大と清浄を表し、龍の爪の中で留められた4つの宝石は富を象徴している。また、白は清らかな心を表している。対角線で区切られている黄(サフラン色)は王家の権威を表し、オレンジ色はラマ教(チベット仏教)への信仰を表している。

  • 首都(Capital)
    ティンプー(Thimphu)
  • 言語(Languages)
    ゾンカ語(公用語)
  • 宗教(Religion)
    チベット系仏教、ヒンドゥー教等
  • 通貨(Currency)
    ニュルタム(Ngultrum)
  • 大陸(Continent)
    アジア大陸(Asia)
  • 面積(Area)
    47,000.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 975

日付と時刻(Date and Time)

ティンプー(Thimphu)
2024-04-24 02:25:14