Bermuda

バミューダ諸島を知る

国名の由来

「バミューダ」の国名の由来は、スペインの探検家フアン・ディアス・デ・ソリスによる命名にまでさかのぼります。デ・ソリスは、1503年にこの地域を訪れ、短期間滞在した後にこの地域に「La Bermuda」という名前を付けました。この名前は、スペインの発見者であるガスパール・デ・バルボアの義理の兄弟であるバルモレ・ベルムデスの名前にちなんで付けられました。ベルムデスは、15世紀初頭にスペインの探検家として活動していました。
バミューダ諸島は、その後も何度か名称が変更されましたが、現在の「バミューダ」という名前は、その初期のスペインの命名に由来しています。この名前は、バミューダ諸島がスペインの探検家によって初めて訪れられた際の歴史的な痕跡を残しています。

バミューダ諸島

国旗の由来

バミューダ諸島(Bermuda)の旗は、1910年10月4日に制定された。 イギリスの商船旗レッド・エンサインを基にしたもので、左上(カントン部)にはユニオンジャックがあり、右の赤地の中央にはバミューダの紋章が描かれている。 1999年までは紋章部分は現行の旗よりも若干小さかった。

  • 首都(Capital)
    ハミルトン(Hamilton)
  • 言語(Languages)
    英語、ポルトガル語
  • 宗教(Religion)
    キリスト教、アフリカ系カリブ系の宗教、その他の宗教
  • 通貨(Currency)
    バミューダ・ドル(Bermuda Dollar)
  • 大陸(Continent)
    北アメリカ大陸(North America)
  • 面積(Area)
    53.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 1 441

日付と時刻(Date and Time)

バミューダ諸島(Bermuda)
2024-07-24 12:12:23