Belize

ベリーズを知る

国名の由来

ベリーズの国名の由来は、先住民であるマヤ人の言語に由来します。ベリーズの名前は、マヤ語で「ベリージュ」(Belize)と発音され、マヤの言葉で「泥の道」または「濃い水」を意味します。これは、ベリーズの河川や湿地帯が多く、土壌が肥沃なため、かつては船の通行が難しい場所であったことに由来します。
ベリーズはかつては「英領ホンジュラス」と呼ばれていましたが、独立後に現在の国名である「ベリーズ」となりました。この名前は、独立前の領域の先住民の言葉から採られ、国の歴史や文化、地理的な特徴を反映しています。

ベリーズ

国旗の由来

中央の紋章は、特産品のマホガニーを背景にオノとノコギリを肩にした二人の男が、オノとノコギリと帆船が描かれた楯を持った図柄である。下のリボンには、ラテン語で「森と共に栄える」と記されている。円形の50枚の月桂樹の葉は、独立運動が始まった1950年を記念したもの。中央の濃い青はカリブ海を、上下の赤は国を守る決意を表している。

  • 首都(Capital)
    ベルモパン(Belmopan)
  • 言語(Languages)
    英語(公用語)、スペイン語、ベリーズ・クレオール語、モパン語等
  • 宗教(Religion)
    キリスト教(カトリック、プロテスタント、英国国教会等)
  • 通貨(Currency)
    ベリーズ・ドル(Belize Dollar)
  • 大陸(Continent)
    北アメリカ大陸(North America)
  • 面積(Area)
    22,966.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 501

日付と時刻(Date and Time)

ベリーズ(Belize)
2024-04-23 14:47:43

世界遺産一覧(Heritage)

  • ベリーズのバリア・リーフ保護区