Kingdom of Belgium

ベルギー王国を知る

国名の由来

ベルギーの国名は、古代のケルト系ガリア人の部族であるベルガエ(Belgae)に由来しています。この部族は、古代ローマの著名な歴史家であるユリウス・カエサルによって言及されており、ガリアの中央と北部に居住していたとされています。中世には、この地域はフランク王国の一部となり、後には神聖ローマ帝国の一部として存在しました。
国名「ベルギー」は、1830年のベルギー独立宣言以降、この地域が独立国として存在する際に採用されました。独立宣言以前は、この地域はオランダと合併してオランダ連合王国の一部でした。独立運動の際に、ベルギーは古代の部族名から国名を取り、それが現在の国名となりました。

ベルギー

国旗の由来

ベルギー王国の国旗は、黒、黄、赤の3本の縦縞から成ります。この国旗は、黒、黄、赤の順番で並べられた縦縞のデザインです。
国旗の色は、ベルギーの国章に由来します。黒は勇気、黄色は富、赤は血を象徴しています。これらの色は、ベルギー独立戦争(1830年)の際に、オランダからの独立を目指す革命運動の旗として使用されました。その後、ベルギーが独立国として認められると、このデザインが国旗として採用されました。

  • 首都(Capital)
    ブリュッセル(Brussels)
  • 言語(Languages)
    オランダ語(フラマン語)、フランス語、ドイツ語
  • 宗教(Religion)
    伝統的にはカトリック
  • 通貨(Currency)
    ユーロ(Euro)
  • 大陸(Continent)
    ヨーロッパ大陸(Europe)
  • 面積(Area)
    30,510.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 32

日付と時刻(Date and Time)

ブリュッセル(Brussels)
2024-04-15 00:55:25

世界遺産一覧(Heritage)

  • フランドル地方のベギン会修道院
  • 中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー(エノー)
  • ブリュッセルのグラン-プラス
  • ブリュージュ歴史地区
  • 建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群(ブリュッセル)
  • スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地(モンス)
  • トゥルネーのノートル-ダム大聖堂
  • プランタン‐モレトゥスの家屋‐工房‐博物館複合体
  • ストックレー邸
  • ワロン地方の主要な鉱山遺跡群
  • ベルギーとフランスの鐘楼群