Barbados

バルバドスを知る

国名の由来

バルバドスの国名の由来は、ポルトガル人によって名付けられた「Os Barbados」に起源があります。この名前は、バルバドスの東部にある密生したヒゲ状の植物を指しています。初期の探検家たちは、この植生が髭を生やした人々に似ていると感じたため、そのように名付けられました。
その後、この島は16世紀にイギリスの植民地となり、現在の国名はその後の変遷の結果です。一説によると、イギリス人がこの地域を発見した際、海岸に見られた「ホワイトビーチ」(白い砂浜)から「Bearded Isles(ヒゲのある島々)」と呼ばれるようになり、これが「Barbados(バルバドス)」と変化したとされています。バルバドスは1966年にイギリスから独立し、以来その名前は国名として続いています。

バルバドス

国旗の由来

中央の三又の矛(トライデント)は、古代ギリシャの海の守護神ポセイドン(ネプチューン)のシンボルで、植民地支配からの解放と国の守りを象徴している。左右の青い帯は海と空、さらにカリブ海と太平洋を表し、中央の黄は黄金色の砂浜と富を表す。

  • 首都(Capital)
    ブリッジタウン(Bridgetown)
  • 言語(Languages)
    英語(公用語)
  • 宗教(Religion)
    キリスト教(英国国教会、プロテスタント、カトリック)、その他
  • 通貨(Currency)
    バルバドス・ドル(Barbados Dollar)
  • 大陸(Continent)
    北アメリカ大陸(North America)
  • 面積(Area)
    431.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 1 246

日付と時刻(Date and Time)

バルバドス(Barbados)
2024-04-14 20:44:20

世界遺産一覧(Heritage)

  • ブリッジタウン歴史地区とその要塞