People's Republic of Bangladesh

バングラデシュ人民共和国を知る

国名の由来

ングラデシュの国名は、"バングラ"(Bangla)と"デシュ"(Desh)の合成です。"Bangla"は、バングラデシュの主要な言語であるベンガル語を指し、"Desh"はベンガル語で「国」を意味します。したがって、"バングラデシュ"は「ベンガルの国」という意味になります。バングラデシュは、かつてパキスタンの一部であり、1947年のインド・パキスタン分離独立時には東パキスタン州として知られていました。しかし、1971年のバングラデシュ独立戦争の結果、この地域は独立し、バングラデシュ人民共和国が成立しました。

バングラデシュ

国旗の由来

バングラデシュの国旗は、緑地に赤い円が描かれたデザインで知られています。この国旗は、バングラデシュが1971年に独立を宣言した際に採用されました。国旗の緑の部分は、バングラデシュの豊かな自然や農業を象徴しています。赤い円は、独立運動で流されたバングラデシュの犠牲者の血を表しています。このデザインは、バングラデシュの独立とその犠牲に対する敬意を示すものとして採用されました。

  • 首都(Capital)
    ダッカ(Dhaka)
  • 言語(Languages)
    ベンガル語(国語)
  • 宗教(Religion)
    イスラム教徒、ヒンズー教徒、仏教徒、キリスト教徒
  • 通貨(Currency)
    タカ(Taka)
  • 大陸(Continent)
    アジア大陸(Asia)
  • 面積(Area)
    144,000.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 880

日付と時刻(Date and Time)

ダッカ(Dhaka)
2024-04-15 06:04:03

世界遺産一覧(Heritage)

  • バゲルハットのモスク都市
  • パハルプールの仏教寺院遺跡群
  • シュンドルボン