Kingdom of Bahrain

バーレーン王国を知る

国名の由来

バーレーン王国の国名の由来は、地理的な特徴に関連しています。"バーレーン"という名前は、アラビア語で「二つの海」という意味です。これは、ペルシャ湾に位置し、その周囲を二つの海で囲まれていることを指しています。具体的には、アラビア湾とその内海であるペルシャ湾に囲まれています。
バーレーンの地理的特徴は、古代から交易や航海の中心地として栄えてきました。そのため、「バーレーン」という名前は、その地域が古代から航海と交易の中心地であったことや、周囲を二つの海に囲まれていることを表しています。

バーレーン

国旗の由来

バーレーン王国の国旗は、赤と白の水平な帯によって構成されています。赤はイスラム教シーア派系の一派、ハワーリジュ派を表す色で19世紀から用いられていた。その後、近隣の部族国家と区別するために左の方に白い部分を加えた。現在白い歯形は5つあり、イスラム教徒の五行(信仰告白、礼拝、断食、喜捨、巡礼)を表す。

  • 首都(Capital)
    マナーマ(Manama)
  • 言語(Languages)
    アラビア語
  • 宗教(Religion)
    イスラム教
  • 通貨(Currency)
    バーレーン・ディナール(Bahraini Dinar)
  • 大陸(Continent)
    アジア大陸(Asia)
  • 面積(Area)
    665.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 973

日付と時刻(Date and Time)

バーレーン(Bahrain)
2024-04-23 23:38:15

世界遺産一覧(Heritage)

  • カルアト・アル-バフレーン -古代の港とディルムンの首都
  • 島の経済を表す真珠産業遺産