Commonwealth of The Bahamas

バハマ国を知る

国名の由来

バハマ国(Bahamas)の国名の由来は、先住民であるルカヤン族の言葉であると考えられています。ルカヤン族は、バハマ諸島に古くから住んでいた先住民であり、彼らの言葉で「バハマ」は「大きな低い場所」を意味しています。この名前は、バハマ諸島が海抜が低く、広い範囲にわたって平坦な地形を持っていることを指しています。つまり、周囲が海で取り囲まれている地形に由来しています。
バハマは、ルカヤン族が住んでいた当時からこの名前が使われており、後にスペイン人やイギリス人の探検家たちによっても引き継がれました。その後、バハマはイギリスの植民地となり、独立後もその国名を維持しています。

バハマ

国旗の由来

青い2本のストライプは、大西洋とカリブ海を表し、黄は黄金のような海岸の砂と太陽の光を象徴。バハマ諸島が2つの海に挟まれた島国であることを表している。黒い三角形は、住民の大多数を占めるアフリカ系黒人を表し、国家の団結と強い精神力を意味している。

  • 首都(Capital)
    ナッソー(Nassau)
  • 言語(Languages)
    英語(公用語)
  • 宗教(Religion)
    キリスト教(プロテスタント、英国国教会、カトリック等)
  • 通貨(Currency)
    バハマ・ドル(Bahama Dollar)
  • 大陸(Continent)
    北アメリカ大陸(North America)
  • 面積(Area)
    13,940.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 1 242

日付と時刻(Date and Time)

ナッソー(Nassau)
2024-04-23 15:50:07