Republic of Austria

オーストリア共和国を知る

国名の由来

オーストリアの国名の由来は、オーストリアの地理的な位置に関連しています。古いドイツ語で「東方の国」という意味の「Österreich」が語源とされています。これは、かつて東フランク王国(現在のドイツ)の一部であった地域が、東方に位置するためです。この地域は、バイエルン公国やボヘミア王国などの王国と隣接しており、東フランク王国の東の境界を形成していました。
その後、オーストリアはハプスブルク家の支配下に置かれ、中世にはオーストリア大公国として知られるようになりました。さらに、ハプスブルク家はオーストリアを中心に多くの領土を統治し、オーストリア帝国としてその影響を拡大しました。この時期、オーストリアはヨーロッパの重要な国家の一つとして認識され、その地位を確立しました。

オーストリア

国旗の由来

オーストリア共和国の国旗は、赤と白の横縞のデザインで知られています。この国旗の由来は、中世のバーデン伯爵家の紋章に遡ります。バーデン伯爵家の紋章は赤と白の横縞で構成されており、このデザインが後にオーストリアの国旗として採用されました。
16世紀には、ハプスブルク家がこの紋章を使用し、オーストリアの領土の象徴として確立されました。その後、19世紀になってオーストリア=ハンガリー帝国が成立すると、この国旗は帝国全体の象徴として採用されました。
オーストリアが共和国として独立した後も、この赤と白の横縞のデザ

  • 首都(Capital)
    ウィーン(Vienna)
  • 言語(Languages)
    ドイツ語
  • 宗教(Religion)
    カトリック、プロテスタント、イスラム
  • 通貨(Currency)
    ユーロ(Euro)
  • 大陸(Continent)
    ヨーロッパ大陸(Europe)
  • 面積(Area)
    83,858.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 43

日付と時刻(Date and Time)

ウイーン(Vienna)
2024-04-15 01:08:25

世界遺産一覧(Heritage)

  • ザルツブルク市街の歴史地区
  • ゼメリング鉄道
  • シェーンブルン宮殿と庭園群
  • ハルシュタット-ダッハシュタイン・ザルツカンマーグートの文化的景観
  • グラーツ市歴史地区とエッゲンベルグ城
  • ヴァッハウ渓谷の文化的景観
  • ウィーン歴史地区
  • アルプス山系の先史時代杭上住居跡群
  • フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観