Aruba

アルバを知る

国名の由来

アルバの国名の由来は、先コロンブス期にさかのぼります。アルバはアラワク族の言葉で「レンズの島」を意味し、この地域に住んでいた先住民族がこの名前を付けました。後に、スペイン人による植民地化が進む中で、アラワク族の名称がそのまま「アルバ」として採用されました。
さらに、オランダがこの地域を支配するようになった際も、アルバという名称が使われ続けました。現在のオランダ王国の一部として、アルバはその歴史的な名前を維持しています。

アルバ

国旗の由来

アルバの国旗は、青、黄色、赤の3本の横縞からなり、左上には白い星が配置されています。青いストライプは空と海を、黄色いストライプはアルバの豊かな自然と太陽の光を、赤いストライプは人々の情熱を表しています。また、白い星は自由と希望を象徴しています。
このデザインは、アルバの独立と統一を表現するものであり、1986年3月18日に正式に採用されました。国旗の色やシンボルは、アルバの文化や自然環境、歴史的な背景を反映しています。

  • 首都(Capital)
    オラニエスタッド(Oranjestad)
  • 言語(Languages)
    オランダ語、パピアメント語
  • 宗教(Religion)
    カトリック、プロテスタント諸派
  • 通貨(Currency)
    アルバギルダー,フローリン(Aruban Florin)
  • 大陸(Continent)
    北アメリカ大陸(North America)
  • 面積(Area)
    193.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 297

日付と時刻(Date and Time)

アルバ(Aruba)
2024-07-24 11:27:00