Republic of Armenia

アルメニア共和国を知る

国名の由来

アルメニア共和国の国名は、古代のアルメニア人に由来します。古代ペルシア語で "Armina" または "Armenia" として知られていたこの地域は、アルメニア人の居住地であり、その名前はアルメニア人自身によって使用されていました。
アルメニアという名称の由来に関しては複数の説がありますが、一般的には古代のアルメニア人によって使用されていた言葉であるとされています。この名前は、アルメニア人の歴史や文化、地理的な特徴を指し示すものとして古代から用いられてきました。
アルメニア共和国は、1991年にソビエト連邦からの独立を宣言し、その際に現代の国名である「アルメニア共和国(Republic of Armenia)」を採用しました。この国名は、アルメニアの歴史的なアイデンティティと独立への願望を反映しています。

アルメニア

国旗の由来

アルメニア共和国の国旗は、赤、青、およびオレンジの横縞模様で構成されています。この国旗は、アルメニア人の歴史や文化を象徴するために設計されました。
赤色は、アルメニア人の犠牲と勇気を象徴し、彼らの自由への渇望を表現しています。青色は、アルメニアの天空や平和を象徴し、オレンジ色はアルメニア人の豊かな未来と希望を表しています。
また、アルメニアの国旗には、黄色い太陽が描かれています。この太陽は、アルメニアの古代の太陽の神話や、アルメニア人の祖先であるヘイク(Haik)に由来するとされています。太陽の放射線

  • 首都(Capital)
    エレバン(Yerevan)
  • 言語(Languages)
    アルメニア語(公用語)
  • 宗教(Religion)
    イスラム57%、ローマカトリック10%、正教7%
  • 通貨(Currency)
    ドラム(Armenian Dram)
  • 大陸(Continent)
    アジア大陸(Asia)
  • 面積(Area)
    29,800.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 374

日付と時刻(Date and Time)

エレバン(Yerevan)
2024-04-24 00:38:51

世界遺産一覧(Heritage)

  • ハフパトとサナヒンの修道院群
  • ゲハルト修道院とアザート川上流域
  • エチミアツィンの大聖堂と教会群及びズヴァルトノツの古代遺跡