Antigua and Barbuda

アンティグア・バーブーダを知る

国名の由来

アンティグア・バーブーダの国名は、その二つの島の名前に由来しています。「アンティグア」は、スペイン語で「古い(Antigua)」を意味し、クリストファー・コロンブスが島を発見した際、彼が「古い」島と名付けたことに由来します。「バーブーダ」は、スペイン語で「棘」を意味し、その名前は島の岩が棘のような形をしていたことに由来します。これらの島の名前が組み合わさって、「アンティグア・バーブーダ」という国名が形成されました。

アンティグア・バーブーダ

国旗の由来

アンティグア・バーブーダの国旗は、青、白、黄の三色で構成されています。
青は空と海を象徴し、島国であるアンティグア・バーブーダの美しいカリブ海を表しています。
白は純粋さや平和を示し、国の民族の誇りと連帯を象徴します。
黄色はアンティグア・バーブーダの日照量豊富な気候と豊かな自然資源を象徴しています。
国旗には、黒い三叉槍が描かれており、これは国の独立と自由を象徴しています。

  • 首都(Capital)
    セントジョンズ(St. John's)
  • 言語(Languages)
    英語(公用語)、アンティグア・クレオール語
  • 宗教(Religion)
    キリスト教(英国国教会、プロテスタント、カトリック等)、その他
  • 通貨(Currency)
    東カリブ・ドル (East Caribbean Dollar)
  • 大陸(Continent)
    北アメリカ大陸(North America)
  • 面積(Area)
    443.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 1 268

日付と時刻(Date and Time)

アンティグア(Antigua)
2024-04-14 19:45:56

世界遺産一覧(Heritage)

  • アンティグア海軍造船所および関連遺跡