Republic of Angola

アンゴラ共和国を知る

国名の由来

アンゴラ共和国の国名の由来は、その地域の著名な地名である「アンゴラ」からきています。この地域はポルトガルの植民地支配下にあり、ポルトガル語で「アンゴラ」と呼ばれていました。ポルトガルの植民地支配が終わり、1975年にアンゴラが独立した際、その名称は国名として採用されました。
「アンゴラ」という地名の起源については諸説ありますが、一般的には諸部族や民族の名前から派生したものと考えられています。また、ポルトガル人がこの地域に最初に到達した際に、現地の人々によって与えられた地名である可能性もあります。

アンゴラ

国旗の由来

アンゴラ共和国の国旗は、独立後の1975年に採用されました。この国旗は、国の解放運動の象徴として設計されました。
アンゴラの国旗は、赤と黒の横縞が特徴的であり、その中央にはマチェテ(刀)が描かれています。赤い色はアンゴラの独立を獲得するための闘争と犠牲を象徴し、黒い色はアフリカの大地とアフリカ人の肌の色を表します。マチェテは解放闘争における力と勇気を象徴し、またアンゴラの農業の重要性も象徴しています。
この国旗のデザインは、アンゴラの解放運動の象徴的な要素を取り入れており、国の歴史と文化を反映していま

  • 首都(Capital)
    ルアンダ(Luanda)
  • 言語(Languages)
    ポルトガル語(公用語)、その他ウンブンドゥ語等
  • 宗教(Religion)
    カトリック、プロテスタント、アニミズム、イスラム、ユダヤ
  • 通貨(Currency)
    クワンザ(Kwanza)
  • 大陸(Continent)
    アフリカ大陸(Africa)
  • 面積(Area)
    1,246,700.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 244

日付と時刻(Date and Time)

ルアンダ(Luanda)
2024-07-24 17:15:54