Principality of Andorra

アンドラ公国を知る

国名の由来

アンドラ公国(Andorra)の国名の由来は、ラテン語の「Andorra」にさかのぼります。これは、アンドラの地名の起源であると考えられています。アンドラは、ピレネー山脈の中に位置する小さな国であり、フランスとスペインの間に位置しています。そのため、その地名はピレネー山脈周辺の古代言語に由来する可能性が高いです。
アンドラの名前の正確な起源ははっきりしていませんが、一般的には、ケルト語の要素やローマ帝国の影響が考えられています。アンドラの地名は、ラテン語の「Andurrialavona」または「Andurrialavunia」という言葉に由来する可能性があります。これらの言葉は、地理的な特徴や地域の名称を指していたと考えられています。
アンドラ公国は、長い歴史を持つ国であり、その名前や由来についての詳細は複雑ですが、ラテン語の「Andorra」が現在の国名につながっています。

アンドラ公国

国旗の由来

アンドラ公国の国旗は、中央にスペインのウルヘル司教とフランスのフォア伯爵家の紋章を組み合わせた紋章を配し、「統合された力はより強し」というラテン語の文言を持つ。青・黄・赤の3色は、フランスとスペインの国旗の色を組み合わせたものである。

  • 首都(Capital)
    アンドララヴェラ(Andorra la Vella)
  • 言語(Languages)
    カタルニア語(公用語)、スペイン語、ポルトガル語、フランス語
  • 宗教(Religion)
    国民の大多数がカトリック
  • 通貨(Currency)
    ユーロ(Euro)
  • 大陸(Continent)
    ヨーロッパ大陸(Europe)
  • 面積(Area)
    468.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 376

日付と時刻(Date and Time)

アンドラ(Andorra)
2024-04-15 02:42:38

世界遺産一覧(Heritage)

  • マデリウ-ペラフィタ-クラーロル渓谷