American Samoa

米領サモアを知る

国名の由来

米領サモア(American Samoa)は、南太平洋に位置し、アメリカ合衆国の領土であるサモア諸島の一部を指します。この地域の名称の由来は、サモア諸島全体がポリネシアの文化を持つサモア人によって居住されていることにあります。具体的な名称の「米領サモア」は、アメリカ合衆国がこの地域を管理するために使用されています。
19世紀後半、サモア諸島はヨーロッパの探検家たちによって発見され、植民地化されました。ドイツとアメリカ合衆国がこの地域を争い、1900年にサモア諸島はドイツとアメリカの間で分割されました。米領サモアはその後、アメリカ合衆国の統治下に置かれ、アメリカの文化や行政システムの影響を受けています。

米領サモア

国旗の由来

米領サモアの国旗は、五つの赤と白の横縞からなり、左上隅に青地に白の星が配されています。このデザインは、アメリカ合衆国の国旗に似ていますが、紋章は異なります。
赤と白の横縞は、伝統的なサモアの戦士の衣装である「ラヴァラヴァ」を象徴しています。青い地色は海を、白い星は独立と自由を表しています。また、星の数は11つあり、アメリカ合衆国の国旗における50星とは異なりますが、アメリカ合衆国との絆を示す意味もあります。
この国旗は、アメリカ合衆国によって管理されているサモアの独特なアイデンティティと歴史を反映して

  • 首都(Capital)
    パゴパゴ(Pago Pago)
  • 言語(Languages)
    英語(公用語)、サモア語
  • 宗教(Religion)
    キリスト教
  • 通貨(Currency)
    USドル(US Dollar)
  • 大陸(Continent)
    オーストラリア大陸(Oceania)
  • 面積(Area)
    199.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 1 684

日付と時刻(Date and Time)

パゴパゴ(Pago Pago)
2024-04-23 10:33:20