Åland

オーランド諸島を知る

国名の由来

オーランド諸島(Åland)の国名の由来は、スウェーデン語で「島々」を意味する「land」に、「川」を意味する「å」がついた言葉です。つまり、「島々」を意味する言葉ですが、スウェーデン語では「Åland」と綴られます。
オーランド諸島は、スウェーデン語を話す人々が多数を占める地域であり、歴史的にはスウェーデンの文化的影響が強く、スウェーデンとフィンランドの間で領有権が争われた歴史もあります。そのため、オーランド諸島の名称はスウェーデン語に由来し、地域の文化的な背景を反映しています。

オーランド諸島

国旗の由来

オーランド諸島の国旗は、青地に赤い十字が配置されたデザインです。この国旗の由来は、スウェーデンの旗である青地に黄色い十字から派生しています。オーランド諸島はフィンランドの一部でありながら、スウェーデン語を話す人々が多数派を占めており、スウェーデンの文化的な影響が強い地域です。そのため、オーランド諸島の国旗はスウェーデンの旗と類似していますが、十字の色が赤色となっています。これは、オーランド諸島の独自性と文化的アイデンティティを示すものです。

  • 首都(Capital)
    ウィレムスタット (Mariehamn)
  • 言語(Languages)
    スウェーデン語
  • 宗教(Religion)
    キリスト教
  • 通貨(Currency)
    ユーロ(Euro)
  • 大陸(Continent)
    ヨーロッパ大陸(Europe)
  • 面積(Area)
    1,580.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 358

日付と時刻(Date and Time)

マリエハムン(Mariehamn)
2024-04-15 03:11:11