Islamic Republic of Afghanistan

アフガニスタン・イスラム共和国を知る

国名の由来

アフガニスタンの国名は、古代ペルシャ語で「アフガン」(Afgān)という部族名に由来しています。この地域は古代からアフガン人の居住地域として知られており、彼らの部族名が国名となりました。その後、アフガニスタンは歴史的に様々な帝国や王朝の支配下にあったため、その名称も時代や支配者によって変化しましたが、アフガン人の影響が色濃く残り、現在の国名につながっています。

アフガニスタン

国旗の由来

アフガニスタンの国旗は、黒、赤、緑の三色で構成されています。これらの色は、イスラム教の旗であるアラブの旗からの影響を受けています。
黒はイスラム教の旗であり、アフガニスタンの歴史的なイスラム教徒の信仰を象徴しています。
赤は、国の奉仕や勇気を表すとともに、独立闘争や犠牲を意味します。
緑は豊かな国土、農業、そしてアフガニスタンのイスラム教徒の希望を象徴しています。
これらの色は、アフガニスタンの国旗がイスラム教の信仰と伝統に基づく国を表すことを示しています。

  • 首都(Capital)
    カブール(Kabul)
  • 言語(Languages)
    ダリー語(公用語)、パシュトゥー語の他、ハザラ語、タジク語等
  • 宗教(Religion)
    イスラム教(主にスンニー派のハナフイ学派であるが、ハザラ人はシーア派)
  • 通貨(Currency)
    アフガニー(Afghani)
  • 大陸(Continent)
    アジア大陸(Asia)
  • 面積(Area)
    647,500.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 93

日付と時刻(Date and Time)

カブール(Kabul)
2024-07-24 18:52:04

世界遺産一覧(Heritage)

  • バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群
  • ジャムのミナレットと考古遺跡群