People's Republic of China

中国中華人民共和国を知る

国名の由来

中華人民共和国の国名は、中国の民族である華人(中華民族)が共和制度の下で統治されることを示しています。"中華"は中国の古代呼称であり、"人民共和国"は国家の政治体制を表しています。つまり、「中華人民共和国」は、中国人民が共和国として統治される国を意味します。

中国

国旗の由来

中華人民共和国の国旗は、五星紅旗として知られています。国旗は1949年に正式に採用されました。国旗のデザインは次のように解釈されます:
・ 旗の左上に大きな金星があります。この星は中国共産党を象徴し、中国の指導的な役割を表しています。
・旗の右上には4つの小さな金星が配置されています。これらの星は中国社会の4つの社会階級(労働者、農民、小市民、愛国者・民族主義者)を表しています。
・旗の赤い色は、革命の血と勝利の象徴であり、共産主義のイデオロギーを示しています。
国旗のデザインは中国共産党と社会主

  • 首都(Capital)
    北京(Beijing)
  • 言語(Languages)
    中国語
  • 宗教(Religion)
    仏教・イスラム教・キリスト教など
  • 通貨(Currency)
    人民元(Yuan Renminbi)
  • 大陸(Continent)
    アジア大陸(Asia)
  • 面積(Area)
    9,596,960.00㎢
  • 国際電話コード(Int'l Telephone Code)
    + 86

日付と時刻(Date and Time)

上海市(Shanghai)
2024-05-24 03:21:37
ウルムチ市(Urumqi)
2024-05-24 01:21:37

世界遺産一覧(Heritage)

  • 泰山
  • 万里の長城
  • 北京と瀋陽の明・清朝の皇宮群
  • 莫高窟
  • 秦の始皇陵
  • 周口店の北京原人遺跡
  • 黄山
  • 九寨溝の渓谷の景観と歴史地域
  • 黄龍の景観と歴史地域
  • 武陵源の自然景観と歴史地域
  • 承徳の避暑山荘と外八廟
  • 曲阜の孔廟、孔林、孔府
  • 武当山の古代建築物群
  • ラサのポタラ宮歴史地区
  • 廬山国立公園
  • 峨眉山と楽山大仏
  • 麗江旧市街
  • 古都平遥
  • 蘇州古典園林
  • 頤和園、北京の皇帝の庭園
  • 天壇:北京の皇帝の廟壇
  • 武夷山
  • 大足石刻
  • 青城山と都江堰水利(灌漑)施設
  • 安徽南部の古村落-西逓・宏村
  • 龍門石窟
  • 明・清朝の皇帝陵墓群
  • 雲崗石窟
  • 雲南三江併流の保護地域群
  • マカオ歴史地区
  • 紅河ハニ棚田群の文化的景観
  • 開平の望楼群と村落
  • 福建の土楼
  • 殷墟
  • 古代高句麗王国の首都と古墳群
  • 四川ジャイアントパンダ保護区群
  • 中国南部カルスト
  • 五台山
  • 三清山国立公園
  • 河南登封の文化財“天地之中”
  • 杭州西湖の文化的景観
  • 中国丹霞
  • 澄江の化石産地
  • 上都(ザナドゥ)の遺跡
  • 新疆天山
  • 中国大運河
  • 土司の遺跡群
  • 花山岩画
  • 湖北シェンノンチヤ
  • シルクロード:長安-天山回廊の交易路網